ヨヘな日々。

はしもと玩具店。

c0216216_1164694.jpg先週末、巻のおもちゃ屋さん『はしもと玩具店』へ行ってきました。

僕が小学生の時分には、誕生日・クリスマスと言えば
この「はしもと玩具店」さんにおもちゃを買いに来ていたものです。
当時は、ゲームをしたり駄菓子を食べたり、学校が終わってここに行けば
誰かしら友達がいて遊べる。そんな、第二の学校のような場所でした。
しかし5年程前、僕が東京から新潟に帰って来た時には
商店街自体から元気がなくなっていて、はしもと玩具店さんからも
残念ながら僕たちのような子どもはいなくなっていました。

それでも、今から2・3年程前にお店を一部リニューアル。
ウルトラマンや仮面ライダーなど昔のものから今のものまで幅広く取り扱い
そのおもちゃにお店の人の想いを感じられる、もっと言うと、お客さんへの想いを感じられる
そんな、子どもも大人も楽しめちゃうおもちゃ屋さんになっていたのでした。

前々から、このリニューアルがすごく気になっていて、一度お話を伺いたいと思っていた僕。
先日おもちゃを買ったついでに「twitter見てますよ!」と言ったら、いろいろとお話をさせてもらえました。

【結構、大人の人が趣味で集めそうなお宝もの(素人目で)があるはしもとさん】
 僕「これだけ懐かしいものが揃っていると、大人が喜んで来そうですね。」
 は「それが、子どもも喜んで来るんです!不思議なことに、子ども達が『懐かしいね〜』とか言って」
 僕「子どもがこの空間を懐かしがるんですか?」
 は「はい。それに半分はレトロな感じにしてますけど、もう半分は最近のおもちゃを置いてあります。
   ちゃんとお客さんの求めるものを提供しないと。お客さんの方を向いて商売をしないと。」

【「まき鯛車商店街」と銘打って商店街を盛り上げようと動いている一員のはしもとさん】
 僕「商店街も活性化しようと頑張ってますよね。」
 は「そうですね。でも、活性化って言葉を僕らは使わないようにしているんですよ。
   前は活性化の為にイベントをやって、ということをやっていたんですけど
   もともと商店が集まっての商店街。各々の商店が、それぞれお客さんに向き合って
   商売を商売として成り立たせて、それぞれの店舗が元気になっていけば
   それが一番この商店街を盛り上げることに繋がると思うんです。
   それは、10年20年かかること。2年や3年でできることじゃない。」

…他にもいろいろとお話をしてもらったのですが、今回お話を聞いていて感動したこと
それは、自分が思っていたことが、商店街の方の意見として出て来たということでした。
『商売を商売として成り立たせりことが、一番商店街を盛り上げることに繋がる』という言葉。
当たり前のことだけど、その当たり前のことを当たり前にすることが、一番難しいはず
そして、そこに気付かない人もたくさんいるはず。

この言葉を聞いた瞬間、涙が出そうになりました。
同じ想いを持っている人がいるって、こんなに救われるんだな〜って思って、感動でした。
そして、巻の商店街を元気にする為に自分にできることを考えていこうと改めて思いました。
今回聞いたお話、本当に為になったし、本当に楽しかったし、本当に元気を貰えました。
人と出会うって、本当に大事です。
そして、巻のことを書くと、いつもブログが長くなります。

>>hicoki web.
[PR]
by hicoki-yohei | 2010-11-29 13:11 | 日々のこと